読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまずにまるのみ。

文鳥とかビールとか

考え方

オフィスのない会社に入社して1年半くらい経過した

しくみ製作所株式会社 に入社して1年半くらい経った。 別に入退社のタイミングでもないし、時期的にキリがいいわけでもないけど、気持ちや考えていることの整理も兼ねて「会社のこと」と「自分のこと」について書く。

今までに経験したリモートワークを振り返る

これはリモートワーク Advent Calendar 2015 20日目の記事です。 www.adventar.org 現在、オフィスのない会社でソフトウェアエンジニアとして働いています。 これまで3社でリモートワークを経験してきたので、ざっと振り返ってみます。 1社目: チーム内で唯…

Hello BEAR, Hello World!

この記事は BEAR.Sunday Advent Calendar 2014 7日目の記事です。 BEAR.Sunday Advent Calendar 2014 - Qiita BEAR.Sunday はもうすぐ 1.0 のリリースが控えている、注目の PHP 製フレームワークです。 作者は @koriym さんという日本のエンジニアさんです。…

プログラミング勉強中の人にオブジェクト指向とは何なのかを何となく伝えたい話

この文章について OOP(オブジェクト指向プログラミング、オブジェクト指向パラダイム)について プログラミング勉強中の大学生さんに説明する機会が何度かあったので、 自分の中で整理するために書きました。 中には適切でない説明もあります。ばっさり省い…

TokyuRuby会議07で働き方について話してきました

TokyuRuby 会議07 で「仕事する時間や場所ってもっと選べてもいいんじゃないか」という主旨の LT をしてきました。思いがけず LT 王の称号をいただいてしまってだいぶ動揺してしまいましたが、滅多にない機会なので素直に喜ぶことにしました。わーい(∩*´∀`)…

DDD体験ワークショップに参加してきました

PHPカンファレンス2013 で PHPメンターズ さんの『モデルとの向き合い方:ドメイン駆動設計体験ワークショップ』に参加してきました。 PHP メンターズさんの記事と資料はこちらに掲載されています。 http://phpmentors.jp/post/61286646859/phpcon2013-ddd-w…

ゆるかわPHPの会#2 参加しました

2013/07/06 に行われた ゆるかわPHPの会#2 に参加しました。 場所は恵比寿にある 株式会社 Engine Yard さん。発表されたテーマは環境構築、テストから同時実行制御まで幅広い感じ。 言語などに捕われず、ゆるさを許容してくれるゆるかわ PHP。 ロックについ…

アジャイル設計と5つの原則

アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2部「アジャイル設計」の自分用まとめ。 アジャイル設計 アジャイルな設計「原則」「パターン」「プラクティス」を継続的に適用することで、読みやすく変更に強い状態を保つことができる設計。悪い設計第2部の中で「貧弱…

デザインパターン - Strategy

「オブジェクト指向のこころ」読書記録。 GoF のデザインパターンにある Strategy パターンについて。 関連記事 オブジェクト指向のこころ デザインパターン - Facade デザインパターン - Adapter Strategy? Strategy(すとらてじ)を辞書で調べると以下の…

オブジェクト指向のこころ - 視野を広げる

「オブジェクト指向のこころ」読書記録。 「第8章 視野を広げる」についての自分用まとめ。

デザインパターン - Adapter

「オブジェクト指向のこころ」読書記録。 GoF のデザインパターンにある Adapter パターンについて。 関連記事 オブジェクト指向のこころ デザインパターン - Facade Adapter? adapt を辞書で調べると以下のように書かれている。 adapt 1. a 〈言行・風習な…

デザインパターン - Facade

オブジェクト指向のこころ のつづき。 GoF のデザインパターンにある Facade パターンについて。 Facade? Facade(ふぁさーど)を辞書で調べると以下のように書かれている。 1. (建物の)正面. 2. (しばしば実体よりりっぱな事物の)見かけ,外見. http://ejj…

オブジェクト指向のこころ

オブジェクト指向についてもう少し理解を深めたいと思い「オブジェクト指向のこころ」という本を読み始めた。 BEAR.Sunday や Symfony、Ruby に触れているうちに、オブジェクト指向の本質的なところを理解していないと感じたことがきっかけ。 本を読み始めた…